生活クラブの『豚肉モモスライス』の紹介

生活クラブ 豚肉

生活クラブこだわりの『豚肉モモスライス』の紹介です。生活クラブは生活協同組合(生協)ですが、生協の中でもかなりこだわりのある食材を扱っているのが特徴です。

今回紹介する『豚肉』も生活クラブを代表するこだわりの食材!この豚肉はあの有名な『平田牧場』の直営農場・提携農場で育った豚肉になります。

生活クラブの豚肉は脂肪分が少なく赤身が多いのが特徴です。脂身が少ないのでカロリーも低く、さっぱりとクセがないのでどんな料理にも使うことができます。

私は豚肉の生姜焼きとかアスパラ肉巻きなんかによく使いますが、本当にあっさりしていて豚肉特有のクドさがあまりないんです。

価格は高いけど本当に厳選されたおいしい豚肉の脂身ならよく焼けば臭みはなくなりますが、けっこう脂身が多い豚肉は臭みが気になるものです。

この豚肉は赤身が多いので臭みが気にならないし、価格もまずまずなので私的には気に入っています。さらに豚モモ肉には日本人が不足しがちなビタミンB1を多く含んでいるので健康にもいいですよ!

さて、この平田牧場で育てられた生活クラブの豚肉にはどんなこだわりがあるのか?おいしい豚肉には秘密があるということでちょっと調べてみました。

平田牧場の豚肉のこだわり

生活クラブ 平田牧場

生活クラブと平田牧場は産直提携をはじめてなんと40年以上になるそうです。かなり昔から利用者のためにおいしい豚肉を育てるということを一緒に取り組み、今に至ります。

日本を代表する銘柄である『三元豚』は平田牧場で地域の気候風土の適した豚作りと品種改良をすすめた結果、ランドレース種・デュロック種・パークシャー種の三つの豚を掛け合わせたことからそう呼ばれています。

生活クラブを利用する方もおいしいという方が多く、リピーターが続出の人気商品です。生産性や健康面もこだわりがある掛け合わせですが、特においしさにこだわったのが平田牧場の三元豚です。

この三元豚はおいしさを重視することで一般的な豚より大きくなるまで20日〜30日も多く時間がかかります。要するにそれだけ手間もコストもかかるということですが、効率化よりおいしさを重視した結果でこだわって育てています。

普通、豚の飼育はコスト削減や効率化を重視するので、狭い場所で育て病気の予防に抗生物質(薬)を多用することが多くありますが、平田牧場では豚の健康を第一に考え育てています。

飼育場所は普通の豚舎の1.3倍広くして、ストレスのないように飼育します。生後120日以降から約200日の出荷までの間は抗生物質を使用していません。温度や湿度もしっかりと管理し、とにかく健康な豚を育てることで豚肉に品質価値を高めています。

まとめ

生活クラブ ロゴ

生活クラブのこだわり商品『豚肉モモスライス』の紹介でした。生活クラブの豚肉はあの有名な平田牧場で育った豚を使用しています。平田牧場の豚肉はかなりのこだわりのあるもので三元豚は日本でも有名な銘柄です。

赤身が多く、脂肪分が少ないのでクセがなくあっさりしていてどんな料理にも使い勝手のいいお肉なのでおすすめです!皆さんもぜひ生活クラブの豚肉を試してみてくださいね!

生活クラブは2014年オリコン顧客満足度ランキング食材宅配サービス部門(首都圏)で『食材の品質、鮮度』『食材の安全性』『信頼度・知名度』および総合で第1位を受賞した実績があります。

野菜宅配 比較また資料請求時に無料サンプルを配布しています!無料で食品を試せるのはお得ですね!また公式ページには『生産者の声』『食の安全性』などの情報がアップされているので合わせてご覧ください。

 

 

公式ページはこちらから

野菜宅配 比較 安心食材お届け生活クラブ

関連性のある記事

生活クラブ ロゴ

生活クラブのシステム

システムをまとめてあります。利用する前に知っておかなければ損をする!?

 

野菜宅配 ポイント

野菜宅配の選び方 7つのポイントと業者比較

野菜宅配には色々な業者があり選び方を7つのポイントでまとめてあります。

 

d7d7ccea4247296e7f786f159929dc0d_s

野菜宅配ランキング

ただのランキングではなく部門別で紹介しているので重要視する部門をご覧ください。